スポンサードリンク

2016年02月18日

福田パン 

昭和23年創業の福田パンは、岩手県の老舗パン屋さんです。コッペパンで有名で、日本テレビのケンミンショーでも紹介されましたね。長らく地元のお客様に愛される老舗で、もはや岩手県民のソウルフードです。

初代社長は宮澤賢治の5年間の教師生活の中での数少ない教え子でした。店の外観は校舎風で店内もどこか学校の教室を思わせます。メニューも黒板に書いてあったりとこだわりがあります。入店して正面に販売カウンター、右手はイートイン・スペースになっています。

メニューは食パンや菓子パンもありますが、本店名物はその場でサンドするコッペパン。菓子パンは34種類、惣菜パン14種類と約50種類の具材は、とても1、2回行ったぐらいでは制覇できません。

パンは専用の自社工場で焼いたものを当日搬入。酵母の発酵に特徴があり、創業から守る秘伝の製法を今も踏襲。ふんわり感としっとり感がある独特のパンが焼き上がります。

岩手県に旅行に行ったら、絶対に食べたい1品ですね。
【グルメの最新記事】
posted by グルメもどき at 22:40| グルメ
グルメの日記」の先頭へ